水槽 観察日記」カテゴリーアーカイブ

今日の水槽

🐟 今日の水槽の様子 🐟

先週、オトシンクルスとミッキーマウスプラティーを入れましたが、小競り合いもなく大変穏やかにやってます。

👇 オトシンクルスは良く働く。一日中ペロペロ👅

👇ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ

👇 ミッキーマウスプラティ

そろそろ砂も洗わないとな~

 

🌊 水槽の中のお魚たち 🌊


(熱帯魚)オトシンクルス(3匹) 本州・四国限定[生体]価格:¥ 1,090(2019.03.06 時点)


(熱帯魚)ホワイトタイガー・ミッキーマウスプラティ(3匹) 本州・四国限定[生体]
価格:¥ 1,689(2019.03.11 時点)




ミッキーマウスプラティ 入れてみました。

尻尾にミッキーのマークが付いた可愛いお魚『 ミッキーマウスプラティ 』入れてみました。

🐟 ミッキーマウスプラティ はこれ

(熱帯魚)ホワイトタイガー・ミッキーマウスプラティ(3匹) 本州・四国限定[生体]
価格:¥ 1,689(2019.03.11 時点)

 

👇 実物はこれ。右上にいる2匹。左上はアカヒレ。

アカヒレはいつも左端に集団で固まっているのに対して、ミッキーちゃんは水槽の中を自由に泳ぎ回っています。
動きはアカヒレのようにシューっ素早く動かず、割とのんびり泳ぐ感じ。
アカヒレの集団の中に入っていく時もありますが、特にアカヒレが攻撃をすることもなく仲良く共存しています。

穏やかで見ていて癒される楽しいお魚です💖

一緒に購入した『 オトシンクルス 』と合わせて5匹増えて、水槽の中が賑やかになりました😉




オトシンクルス 入れてみました。

前回の記事に書きましたが、水槽のコケ対策に『 オトシンクルス 』を3匹入れてみました。
📰 前回の記事はこちら ⇒ コケを食べてくれる オトシンクルス

🐟 これが『オトシンクルス』

(熱帯魚)オトシンクルス(3匹) 本州・四国限定[生体]
価格:¥ 1,090(2019.03.06 時点)

👇 実物がこれ <゜)))彡
ビニールの中にいる時からチューチューしてる💕

🚩先ずは、水が同じ温度になるようにビニールに水槽に浮かべて約1時間おきます。
どれぐらい水槽に変化があるか知りたいので、あえて水槽のコケは掃除せず入れてみます。

もう一つのビニールは、併せて購入ミッキーマウスプラティこの魚についてて次回UP予定。

🚩 1時間後、ビニールのゴムを外して少しずつ水槽の水をビニールへ入れていき馴染んだら水ごとリリース🐟🐟🐟

 

入れてすぐは隠れていましたが、しばらくすると出てきて、砂のコケやポンプのコケをハムハム。翌朝見てみると、壁もハムハムした跡が残ってました。

隙間なくペロペロしてピカピカにしてくれる訳ではなさそうなので、残った所はやっぱり拭かないといけませんね。

ポンプやろ過装置もそろそろ買い替えかな~
次は下みたいな吊り下げタイプがいいなあ。。。




 

 

コケを食べてくれる オトシンクルス

水槽のコケ取りを楽にするために、なんかアイデアないかな~👀と調べていたら、『 オトシンクルス 』という苔を食べるお魚がいるようで、エビやメダカとも混泳可能らしいので、試してみようかと考え中です。

🐟 これが『オトシンクルス』

(熱帯魚)オトシンクルス(3匹) 本州・四国限定[生体]
価格:¥ 1,090(2019.03.06 時点)

南米のお魚なので寒さに弱く、水温が15度以下だと死んでしまう事があるんだって💧
水温には気を使わないといけないので、やっぱりサーモスタットとヒーターは必要かな。
あと、もちろん苔は大好きでよく食べますが雑食なので動物性の栄養も必要。
プレコ用の人工餌も買わないとね。

追加購入の必要があるものはこんな感じ?

また、試してみたら、UPしますね~🎤

《関連記事》
📰 オトシンクルス 入れてみました。



ヤマトヌマエビの脱皮

朝、エサをあげようかと水槽を覗いてみたら、脱皮したヤマトヌマエビの抜け殻が…😲

水槽が汚れていて写真が見にくいですが、実際はホントにそのままの体の形をしています。
発見した時、エビが死んでひっくり返っているのかとビックリしましたが、よく見ると抜け殻でした。

体が大きい分、ド迫力ですね。蝉の抜け殻を見た時みたいに少しゾッ~としてしまいました💦

脱皮した直後の体は柔らかくて弱いので、運が悪いと仲間に共食いされてしまう事もあるそうです。
2匹しかいないので、どうか、ご無事で・・・。




水槽のコケ

最近、水槽のコケが生えやすくて困っています。
先週、フィルターを洗い、水槽の内側をキレイに拭き掃除しましたが、1週間でもう緑がかってる💦

窓際に置いていることも原因かと思いますが、それにして最初の頃よりも汚れるのが早いので、コケについてちょっと調べてみました。

🌲 コケも植物。コケのよく生える水槽の状態は悪くない。そうです。。。
だけど…コケの生えた水槽は見栄えが良くないから取りたい💧

 

🚩 コケを増やさないようにするには?

💡 魚のエサをあげすぎない。
💡 水替えの頻度を増やす。
💡 光を当て過ぎない。
💡 コケが蔓延る前に落とす。
💡 魚の数を見直す
💡 水草を増やす

こんな所のようです。
とりあえず、今週末にでも掃除して水替えしてみようかな。

いつも、水槽の内側を掃除した後にそのままにしていましたが良くなかったようです。
削ぎ落したコケの胞子が水槽に残ったまま、またそれがくっ付いて増えて…となるんですって😨

なので、今回はバケツに魚たちを一旦出してから、掃除して汚れた水ごと捨ててきれいな水に変えてから魚を戻すというようにします。
これで、胞子も一緒にさよなら👋したらしばらくキレイが続くかな~???

フィルターも寿命があるそうで、そろそろ買い替え時。

👇次はコレにするつもり
今は水槽の中に沈めて置くタイプですが、こちらだと掛けるタイプなので水槽の中が広く使えそうでいいですね。お値段も1000円前後でイイ感じ。

 

コケ落としにはコレがおススメ
スクレイパーやキッチンペーパーなど…色々試しましたが、激落ちくんが一番楽にキレイになります♪

激落ち ダブルポイポイ




ヤマトヌマエビとアヌビアスナナ 追加しました

年末に掃除をしたキレイな水槽に、念願だった【 ヤマトヌマエビ 】を追加しました♪

■ エビ

やっぱり、ヤマトヌマエビは大きくて華やかですね。水玉模様の柄が可愛い💖

 

ついでにほとんど死んだ状態になっていた「オオカナダモ」を処分し、見栄えの良い【 アヌビアスナナ 】とエビの隠れ家になればと素焼きの小さな壺も入れてみました。

■ 水草

なかなか、豪華な水槽になりました✨

 

《購入したもの。壺はちょっと違いますが似たような感じだったので載せました》




ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ

久々に水槽のお話です。
最近の水槽は落ち着いていて、死亡者も出ずにみんな元気に泳いでいます<゜)))彡

今飼育しているヌマエビは、『 ミナミヌマエビ 』 という種類。たぶん。。。
これです👇

体は2~3ミリの小さなエビです。今水槽の中には20~30匹は居るかな?!多すぎますね💦

思った以上にエビが可愛くて、違う種類も増やしたいなと色々調べていたところ、どんなエビでもOKという訳ではなく、エビ同士が仲良く暮らせる種類じゃないといけないんだって。

調べた結果、『 ヤマトヌマエビ 』を買い足すことに決めました❣

写真だと大きさや模様の差が分かりませんが、ミナミヌマエビが体長2~3㎝に対し、ヤマトヌマエビは3.5~4.5㎝
メスなら大きく育つと、5㎝程になる事もあるそうです。
体側にはオスは赤点線・・・、メスが赤破線- – –の模様があって、水玉模様みたいで華やか。

普通、エビ類は水から出すとピチピチと跳ねるけど、ヤマトヌマエビは跳ねずに歩きだすのだそう。ちょっとやってみたい👀

購入したら、またUPしますね💖




水槽 掃除完了

魚を飼い始めてから約半年。

時々、水槽に手を突っ込んで汚れた部分を拭いたりはしていたのですが、今回初めて大掛かりな掃除をしました☆彡

1.魚たちと水槽の水半分をバケツに移す。
2.シンクへ水槽ごと持って行ってお米を研ぐみたいに砂利を洗っては流す。
3.砂利がきれいになったら全部いったん外へ出し、水槽の内側をピカピカに。
4.水草とポンプの中も分解して洗いました。
5.すべてを水槽に戻し、出来上がり~🎵

ピッカピカになりました。気持ちいい~

ポンプはスポンジの部分は完全にキレイにはなりませんでしたが、清潔な感じになりました

アカヒレを入れてから、エビの繁殖は落ち着いてきたのですが、再ベビーブームが来てます。
妊娠中のエビが現在5匹…また増えてしまいそう💦

お腹にある卵、見えるかな…





コッピーと水草

ヌマエビが10匹が友人宅にもらわれて行ってから水槽がスッキリとしたので、【 アカヒレ(コッピー)】【 水草(アヌビアスナナ)】を追加してみました。

こんな感じだったのが。。。⇒ こんな風になりました!
  

窓際に水槽があるので、写真が逆光で、、、本当はもっときれいです(笑)
新しい水草のアヌビアスナナは、小さな流木を買ってきて根っこを巻き付けて固定しましたが、流木にセットされて売っているものもあったようですね。(下記)

こちらの方が楽だったな。。。

 


《購入したのはこちら》